タグ:ブッシュ ( 3 ) タグの人気記事

風刺動画の光と影

風刺は一つの批判のあり方で,ユーモアや皮肉が込められている点に特徴があるのだと思い

ます.もっとも,一口に「風刺」といっても,時代の<風潮>に対する風刺や<人物>に対する

風刺など,対象は様々でしょう.ところで,私が取り上げたのは強者に対する風刺に限られま

す.しかし,悲しいことですが,弱者に対するからかいも,この世界には存在します.弱者に対

する過度の風刺やからかいは,避けるべきものです.親しみを込めた,軽い気持ちによる行為

でも,力関係の差が予想外の帰結を生み出すかもしれません.では,強者への風刺に問題は

ないのでしょうか.これまであえて言及しませんでしたが,強者に対する風刺の中にマイノリティ

への偏見が含まれていた場合もあります.弱者への風刺はいうまでもなく,強者への風刺にも

影が付きまとっているのでしょう.


風刺には,言葉や絵など,多様な媒体が考えられます.とくに動画の場合,それを制作するに

は一定の情報機器や操作能力も必要となります.誰もが反射的に真似できるというよりも,一

定の条件のもとで時間をかけて作られるものと思われます.にもかかわらず,すでに動画によ

る風刺が国境をこえて制作され,流通しています.職業的制約の中で作業するプロのつくった

風刺漫画とは異なり,動画共有サイトにおける風刺動画の場合,主な制作者は匿名のアマチュ

アと思われます.かつては与えられるだけであった映像を,人々が与え返す――この社会現象

には,アマチュアによる制作に伴う問題が含まれています.弱者をからかう動画があるのなら,

それが非難されるべきなのは,いうまでもありません.気がかりなのは,強者に対する風刺動

画が,弱者をからかう風刺動画のモデルとなってしまう危険性です.風刺動画といじめの因果

関係について書かれた書物を私は知りません.しかし,通説ができてから対応したのでは手遅

れになることもあります.こうした懸念は,実現してしまうよりも杞憂になるべきものでしょう.風

刺動画の流行が否定的な帰結を連鎖的に生み出すことを防ぐには,それについて何を語り,い

かに論じるべきなのか,そんなことを考えるようになったのです.

もっとも,すべての風刺動画やそれに関する記述を禁ずることは,表現の自由に関する問題を

引き起こすという見方が考えられます.また,風刺動画のなかには,公的な発言権のない人々

の声が響いている場合があるようです.他方,風刺動画は問題の単純化を伴い,偏見を含む危

険性も考えられます.問題は,光と影の交錯を見据えながら,しかも,なお表現の自由を確保

するにはどうすべきか,この点を個々の局面に応じて考えることなのでしょう.では,以下で私

は,このブログに関連し,気がついた事柄と対応策を,一つの提案として,書き留めたいと思い

ます.

一般に,風刺動画は軽視されがちです.その裏返しとして,風刺動画の過剰な称揚が生じる場

合も考えられます.しかし,必要なのは,軽視と称揚のどちらかを選ぶことではないのでしょう.

風刺動画の意義について論じる際は,その否定的な側面についても配慮したいと思います.

次に,文章の主旨からいって,風刺動画や動画共有サイトの名称に言及しなくても議論が成

立することも考えられます.そのような場合は,名称を記号におきかえたいと思います.この考

え方からすれば,風刺動画へのリンクだけの投稿は成立しなくなります.

名称を記号に置き換えるのは,過剰な流行を引き起こすことへの警戒感を示すためです.ま

た,同様の理由から,短期間に集中的に,風刺動画についての議論を行うことにはできる限り

慎重でありたいと考えております.

 最後となりますが,ご多忙にもかかわらず,ご意見をご表明くださり,重要な問題に気づくきっ

かけを与えていただいた全ての皆様に感謝とお詫びの言葉を申し上げます.



付記1

・意外に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが,この文章の出発点は,「自殺と模倣とマ

ス・メディア」(2006年10月30日),そして,この投稿で引用した次の書物です(高橋祥友『群

発自殺 流行を防ぎ、模倣を止める』中公新書、1998年)。

・また,以上の文章は,読者の皆様からの返答と私が想像したものに触発されながら,自分な

りに考えた事柄です.勝手な解釈かもしれませんので,あえてお名前をあげておりませんが,

ご要望などございましたら,メールにてご連絡ください.

・なお,文章末尾における提案は,このブログにおける対応をのべたもので,一般論ではござい

ません.読者層の限定された歴史研究における風刺の扱い方,また,子どもを対象とするテレ

ビにおける風刺動画にたいする対応など,領域に応じた基準があって当然ではないかと思われ

ます.


付記2
若干,修正した文章を再投稿しました.同時に旧稿を削除して入替えました.

そんなことをしている間に日付が変わってしまいました(残念).

付記3
発表時期がずれたため,二番煎じと思われた方もいらっしゃるかもしれませんが,名称の記号

への置き換えは,自分で考えていたものです.ある考えが,たまたま,人の意見と重なるという

ことが,時には,生じるようですね.

また,「風刺動画の光と影」を書くのには時間がかかりました.様々な事情がありますが,一つ

の理由は,自分なりの文章が書ける心境になるのを待ったということもあります(至らぬ点は

多々ありますが).迅速な対応ができなかった点,お叱りの声もあろうかと思いますが,ご理解

いただければ幸いです.

【関連文書一覧】
デジタル複製技術時代の政治家:権威性のゆくえ

風刺動画をめぐる問い

風刺画の時代 −−−漫画新聞の興隆と国際的展開

自殺と模倣とマス・メディア
[PR]
by aphorismes | 2007-04-01 00:19 | [資料集] 社会société

風刺動画をめぐる問い

先日,久しぶりに見た○○○○にて,○○○○ という風刺映像を見つけました.上にある

「風刺画の時代」(3月18日)で引用した文章に書かれていますが,19世紀は風刺画の流行し

た時代でした.現在では,アメリカのみならず,フランスなどでも政治家を風刺した映像が,

動画共有サイトに投稿されています.(アメリカから広まったのでしょうか?).

雑誌で論じられたり,事件が報じられることもあるようですが,それらのイメージは誰によって

制作されているのでしょうか?また,主として,誰によって受容されているのでしょうか?

気になるのは,それらのイメージが選挙に対してどのような効果をもつのかという点です.ま

た,当方の知る限り,動画による風刺はメディアリテラシーの教科書に掲載されてはいないと思

います.これらに対して,どのように接するべきなのでしょうか?


付記(3月25日)
説明不足との感もあり,改題・加筆・修正を行いました.

付記(3月26日)
なお,上記の修正の際,リンクの削除を行っています.

付記 (3月27日)
昨夏,中間選挙の前だったと思いますが,ブッシュに関する様々な種類の投稿を,ある動画共

有サイトで見つけ,大変驚きました.というのも,この映像群をみるまで,大統領を写し出した映

像は,(特に選挙の際は)厳しく管理されていると考えていたからです(例えば,レーガン時代の

アメリカなど).それから半年ほどが過ぎ,偶然,ブッシュに関する新たな風刺映像を見つけ,

再び驚きました(音声はドイツ語で英語字幕付).調べてみると,これ以外にも,アメリカの動画

共有サイトで削除されたブッシュの映像がフランスの動画共有サイトに投稿されていることや,

フランス人政治家の風刺動画があることにも気がつきました.ブッシュの風刺映像がきっかけ

かどうか確証はありませんが,政治家の風刺映像が,一つの言語や国境を越えて広がってい

るように,私には思われました.

 その後,当方の記憶では,ブッシュを背後で操っているのは誰かといったタイトルの投稿を行

いました.内容は,このタイトルを見てなんて凡庸なんだろうと感じた方は○○○○をご覧く

ださいというものだったと思います(それ以外の説明はありませんでした).日を改めて,上記の

経緯や関連する問題について書いた文章を投稿するつもりだったのですが,思案しているうち

に説明文の投稿が遅くなりました.

 新しい手段による風刺が現れていること,それがアメリカだけではなく他の国にも見られるこ

と,大統領や政治家のイメージ・コントロールの問題については,テレビに加えて,動画共有サ

イトも考察の対象になる時代になったと思われること(重要か否かは留保するとしても),従来な

かった事態が生じていること,などが私には気にかかります.当初は,風刺映像の一事例を紹

介したつもりでしたが,今,考えますと,当方の目的は一風刺映像の分析ではないので,当初

の投稿(タイトルの付け方やリンク)は,これらの問題を考えるために不必要で,また注意をそら

す可能性もあると思われます.説明のない当初の投稿を見て不愉快な思いをされた方がいらっ

しゃると思いますが,お詫び申し上げます.


なお,上記の「付記(3月27日)」は,昨日,草稿を書き,本日,修正して投稿したものですが,

当方の対応の遅さから,また,この件に関連してご迷惑をおかけしてしまった方が多々いらっし

ゃると思います.事例を紹介する仕方が適切ではなかったことも含めて,改めてお詫び申し上

げます.誠に申し訳ございませんでした.


また,現在,動画の名称をこのまま残すかどうかで迷っておりますが,ご意見をお持ちの方が

おられましたらご教示ください.

付記(2007年3月31日)
「風刺動画の光と影」で詳しい理由を説明をしておりますが,上記の文章中で言及されている

動画共有サイトおよび風刺動画の作品名を○○○○という記号に置き換える作業を行いまし

た.「風刺動画の光と影」へ(2007年4月1日追加)
[PR]
by aphorismes | 2007-03-17 16:47 | [資料集] 社会société

デジタル複製技術時代の政治家:権威性のゆくえ

ものの本をみると、かつてローズベルト大統領はラジオを上手く活用したなど、新興メディア

を武器にした政治家の話が記されています。


また、テレビ討論によって政治家に求められる質が変わってしまった——大勢の顧問の意見

を聞き、熟慮の上で慎重に政策を決定するのではなく、クイズのように質問に瞬時に答える能

力が重視されるようになる。


こうした議論があるだけに、現代では大統領のメディア戦略が進んでいるのではないかと想像

していました。しかし、数ヶ月前から、○○○○などの動画共有サイトで流通しているブッ

シュ関係の映像はこうした予想を裏切るものです。


たとえば、映像を編集してブッシュにU2のSunday Bloody Sundayを歌わせている○○

○○や、ブッシュとブレアがデュエットしてラブソングを歌っている○○○○

さらに、Google videoにも○○○○などがあります。


これらの映像は、確かに、テレビほど影響力がないという点では、最重要ではないのでしょう。

また、削除されている映像もありますから(グアンタナモ基地における拷問に関する映像な

ど)、現在、視聴可能な映像は、実害がないとみなされて放置されているものなのでしょうか。

いずれにしても、現代におけるデジタル複製技術の展開と、映像表現に向かう人々の願望の

絡み合いが、本来の文脈から政治家の映像を切り離し、新たな文脈に再配置しつつ権威性

の希薄な作品群を生み出しているように思われます(ブッシュの場合、アウラを喪失したという

よりむしろ、当初からアウラなどなかったといった方がいいのかもしれませんが)。権威性がう

すめられて疑似的な親密さへに転化する可能性も考えられますが、これらの映像の場合、

ユーモラスに距離を維持するように思われます。


かつて、王様風牛肉料理、王様風菓子、王様風ハムなどといった「王様風」という表現の多用

によって王のイメージの権威がゆるがされたというフランスの歴史家がいます。現代における

政治家のコラージュ映像の氾濫は何をもたらすのでしょうか。また、今後、より厳しく規制され

るのか、あるいはサクラ的な映像が投稿されるのでしょうか。さらなる発展をとげていくのか。

興味があるところです。

付記(10月17日)
○○○○は削除されていました。残念!

しかし、削除されたということは映像がもつ批判性の証明になるのでしょうか。


付記(2007年3月25日)
フランスのグーグル・ヴィデオにて○○○○を発見.風刺動画の国際的な移動の一事例

になっているように思われます.


付記(2007年3月27日)
2007年3月25日頃,リンクをはずしています.


付記(2007年3月31日)
「風刺動画の光と影」で詳しい理由を説明しておりますが,動画共有サイトおよび風刺動画の

作品名を○○○○という記号に置き換える作業を行いました.

「風刺動画の光と影」へ。(2007年4月1日追加)
[PR]
by aphorismes | 2006-09-22 18:26 | [資料集] 社会société