<   2006年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

自殺と模倣とマス・メディア

「報道が頻繁に繰り返されるほど、群発自殺が拡大していく条件

が整ってくる。とくに青少年の場合には映像のもたらす衝撃は大きい」


*(高橋祥友『群発自殺 流行を防ぎ、模倣を止める』中公新書、1998年)。


朝のテレビ・ニュースを見ていて、突然、昔よんだ本を思い出しまし

た。読みかえすと1995年にも中学生による自殺が多発していたとの

こと。著者である高橋氏は、当時における報道の特徴をまとめていま

した(詳しくは同書をご覧下さい)。


<1995年末における中学生の自殺報道の特徴等(172-175頁)>

1) いじめによる自殺という因果関係の極端な一般化
2) 過剰な報道
3) 「ありきたり」のコメントが多い
4) 短期間の集中的な報道
5) 自殺方法についての詳しすぎる報道
6) 具体的な対処法が示されない(電話相談,心の問題の治療法等)
7) 実名報道

付記:
高橋氏が分析したのはあくまでも1990年代半ばの出来事で、それか

ら約10年が経過。最近の自殺報道は教育関係者に対して重要な問

題を提起しておりますし、そうした報道は、ジャーナリストの方々の正

義感から生まれているのだろうと思います。だとすれば、次のように

問うこともまた重要なのではないでしょうか。

過去の教訓は、現在の自殺報道にどの程度いかされているのか、

と。


注*
「群発自殺」の例として連鎖自殺、集団自殺、自殺の名所での自殺な

どが考えられるようです.なお、自殺については、デュルケムの議論

が有名ですが、それだけで全てを説明できるわけではないでしょう。


付記(2007年5月23日)
文章を若干修正,引用部分を整理しました.
[PR]
by aphorismes | 2006-10-30 17:25 | [資料集] 社会société

「家族」の食卓ーードラマ「家族〜妻の不在・夫の存在」 第二回放送分

食卓を囲む食事のシーンは、ドラマや映画などで一家団らんの象徴として頻繁に用いられてき

ました。また、そうした事情を逆手に取る作品もありました。例えば、森田芳光監督の『家族

ゲーム』(1983年)では、一家が横一列に並んで食事をする場面があります。当時、既に家族

の危機などという言葉が叫ばれていたと思いますが、この食卓の場面は、互いに向き会うこと

のない、すれ違った家族関係を視覚的に示しているかのようでした。


ところで、ドラマ「家族」の第二回放送分(10月27日)では、従来の定型的なイメージとは異

なった食卓の風景が描かれていました。妻を亡くし、幼稚園でボランティアをしている初老の

男性(渡哲也)宅の食卓が画面に映し出されるのですが、そこでは、保育園にかよう子供と若

い父親が一緒に食事をしています。食事をしながら、初老の男性は、弁当の作り方を教えま

しょうか、などと若い父親に話しかけます。実際、二人の関係は、家事を教える—教わるという

側面をもつことになります。つまり、この食卓の場面では、妻に逃げられた若い父親と息子、そ

して彼らとは血のつながっていない初老の老人がともに食卓で食事をしているのであり、あた

かも、この場面では、実際の父子関係と擬似的な父子関係が二重化されているかのようなの

です。かつて、血のつながった家族の団らんを象徴する食卓は、「疑似」家族の団らんの場へ

と転用されたのでしょうか。視覚的形態としては、極めて伝統的な食卓の光景でありながら、

意識としては、従来の家族概念を拡張する冒険的な試みが見いだせるーー深読みかもしれ

ませんが、そんな気がしたのです。


付記:

近年の家族論では、格差による家族形成の困難を強調するものがあります。マクロな社会現

象の解説としては、現代性に迫る優れた試みなのでしょう。しかし、その副次的な効果とし

て、不安をあおり、従来の家族像への憧憬を促進するような気がします。歴史的に家族像を

相対化し、異なる家族イメージの探求をうながした近代家族論の志向性は、そこでは、希薄

なものになっているような気がします。これに対して、ドラマ「家族」における食卓はどうでしょ

う。そこでは、血のつながらない人間の交流、ないし疑似家族の団らんの場として食卓が描

かれています。かつて近代家族論が促した異形の家族像を摸索する試みは、現代の家族論

にではなく、ドラマに引き継がれたといってはいいすぎでしょうか。

注:ドラマゆえ、まだまだ続きがあるわけですが、上記の文章は第二回放送分を対象にしたも

のです。
[PR]
by aphorismes | 2006-10-28 13:10 | [資料集] 社会société

「いじめ」に対するまなざしの変遷

「『いじめ問題』は、1980年代前半までは、いじめっ子といじめられっ子、二者間の問題として

捉えられ、しばしば『いじめられっ子』の性格特性も問題視されていた。しかしおそらく森田・

清水(1986)の『いじめの四層構造論』が流通するようになってからと思われるが、いじめは

『学級の病』として捉え直されるようになり、担任教師もクラスメートも『いじめ問題』の当事者

性を付与されるようになっていく。しかも、『いじめ問題』がいじめられっ子の死(=自殺)と結び

つくことで、『いじめ問題』は、圧倒的な被害者パラダイムのもとで語られるようにな」る。

[北澤毅(2001)「少年事件における当事者問題」]


付記:カテゴリーの拡大と他の問題との接合

最近、いじめ問題が再び注目を集めていますが、上記の文章は、それに先立って発表された

もので、いじめを語る際の枠組みの変化を指摘しています(枠組みそれ自体の評価をするも

のではありません)。 安倍内閣が教育改革を主要な課題にすることを表明してから、教師の言

葉が誘発したとされるいじめと生徒の自殺という事件が表面化し、さらには、いじめを隠蔽す

る学校の体質などが 浮き彫りとなりました。発生した事件については残念というほかはなく、

繰り返されないことを 祈りたいところです。制度的な問題点の再検討が必要なのでしょうが、

現地にいって調べたわけでもないので、この点については書かないこととし、ここでは、若干、

気になる点を記します。


今回の事件における報道(の語り)では、教師によるいじめ、また、いじめを隠蔽する学校の

体質などの枠組みが用いられ、いじめ問題をめぐるカテゴリーが拡大しているように思われま

す。さらに、この一つの事件を契機として、「いじめ」と「教育改革」という国家レベルの社会問

題の接合が生じつつあることも見逃せません。


先日、安倍首相は、いじめ問題を優先的に協議するように指示しました。産経新聞によれ

ば、「50年、100年の骨組みをつくるのと同時に、短期的に解決すべき問題もある。その対応

策を考えなければならない」と述べ、教育改革の大枠づくりとは別に、いじめ問題などにも迅

速に取り組むよう求めたようです(10月25日「教育再生会議」第2回会合)。同紙は、この発言

を、「世論の関心が高いいじめ問題にまず取り組むことで、教育改革への関心を高めようとい

う考えとみられる」と分析しています。また、日本経済新聞(10月26日)は、「教育改革、成果

急ぐ」 「参院選前に具体案作り」との見出しを掲げ、「文部科学省や中央教育審議会……から

は生まれない大胆な改革案を提示できれば、安倍政権として来年の統一地方選や参院選へ

の大きなアピールになる」としています。同紙は、「改革の成果を明示して来年夏の参院選に

臨む思惑」を指摘していますが、成果を急ぐことにより更なる問題が生じないことを願いま

す。今後、「教育改革」という文脈において、「いじめ」の問題は、いかなる枠組みに変換されて

いくのか、注視したいと思います。


なお、安倍氏がいじめ問題への取り組みを求めた25日は、衆院教育基本法特別委員会で教

育基本法改正案が審議を再開した日です。新聞によって異なりますし、時期的な問題もあり

ますが、現時点では、いじめに比べて報道がやや地味な気がします。気のせいでしょうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061026-00000008-san-soci
[PR]
by aphorismes | 2006-10-26 17:20 | [資料集] 社会société

人生は月のごとし。ある時は満ち、ある時はかける。(ブルガリアの諺)
La vie est comme la lune, tantôt pleine, tantôt vide.(proverbe bulgare)
a0049033_15115925.jpg
[PR]
by aphorismes | 2006-10-25 12:15 | [諺]Proverbes/dictons

男性性を複数形で考える

「もし、ふたつの性の生きている状況が、階級や人種、民族、年齢に応じて、きわめて異なる

のであれば、男たちがまったく同じ世界観や同じ社会的位置を共有するということをも疑うこと

ができる。」(Germain Dulac)

Si les situations que vivent l’un et l’autre sexe varient énormément selon la

classe, la race, l’ethnie, l’âge, on peut aussi douter que les hommes partagent

tous la même vision du monde , la même position sociale. (Germain Dulac)


[付記]
バランスをとるための補足です。ヘゲモニックな男性性へのこだわりについて

こまかく区分けした例があります。それは、男性のヘゲモニーへの傾向を「優越

志向、所有志向、権力志向から分析する」(伊藤公雄)というものです。男性性の

多様性という主張は、固定化した男性像があるからこそ、意義をもちうるのでしょ

うし、また、それがなければ、単なる現実肯定とかわらなくなるかもしれません。

a0049033_21211718.jpg
[PR]
by aphorismes | 2006-10-22 21:23 | [資料集] 社会société

映像のなかの家族ーードラマ「家族〜妻の不在・夫の存在」

金曜日の午後5時、やっと仕事が一段落。ふと新聞を見ると秋のドラマの広告が目

に入りました。

金曜 9時  テレビ朝日
「家族〜妻の不在・夫の存在〜」
竹野内豊  渡哲也 石田ゆり子


当方、家族論への関心から、ドラマで描かれる家族像にも興味があるのですが、

ずばり家族をタイトルにしているのは自信のあらわれかと想像しました。

帰宅してテレビをつけると初回から、妻が子供を置いて出て行くという話。

私は思いました。

これは『クレイマー・クレイマー』(1979年)だ、と。


この映画では、仕事に目覚めた妻ジョアンナ(メリル・ストリープ)が、子供

を置いて家を出て行く場面から始まり、夫テッド(ダスティン・ホフマン)と息子ビ

リーとの父子家庭の生活が始まります。その試行錯誤の時期は、テッドに

とっての職探しの時期が重なるという過酷な設定でした。


この映画で興味深いのは、養育権をめぐって夫婦同士が争う法廷の場面です。

子供を育てたいという父親の主張は、以下のように解釈されます。

「テッドは、仕事の領域での男女平等を主張するなら、子育ての能力において

も男女が平等に見なされるべきだとの考えを提出しており、かつて家庭に妻を

閉じ込めようとした男性から、子育てに積極的に取り組み、ジェンダーの境界

を越えようとする男性への変貌が見られる」(馬場、2002)。つまり、1979年に

おいて、すでに、新しい男性像が描かれていたのです。ちなみに、当時、ダス

ティン・ホフマン自身が離婚の危機にあったそうですが、彼の迫真の演技もあ

って、映画としての出来も上々でした。


そして、27年後の日本。ドラマ「家族〜妻の不在・夫の存在〜」が放送される。

日本もそういう時代になったのか、という感慨をもちました。初回なので、まだ、

法廷場面など出てきませんが、現時点で注目したいのは、あえて設定を変え

ていると思われる箇所です*。『クレイマー・クレイマー』では、夫テッドと同世代

の女友だちとの友情が描かれていましたが、「家族」では、保育園で子供に

遊びを教えている人物(渡哲也)と主人公(竹野内豊)との、例えば、世代を

越えた男同士の交流が描かれていました。このような設定は、広範な世代

の視聴者をえるための仕掛けなのかもしれませんが、やはりドラマ「家族」の

独自性となるわけで、今後の展開がたのしみです。どのような家族像を、男

性像を描きだすのでしょうか。それにしても、どんな人がこのドラマを見て、ど

のように読み解くのでしょう。個人の体験によって様々な受容の可能性があり、

また、様々な仕方でアイデンティティが変容する可能性もあるのではと思います。

(もっとも、主人公に近い立場の方は多忙で見る余裕がないかもしれませんが...)。

付記
*細かい相違をあげていくときりがありません。

目立ったものとしては、『クレイマー・クレイマー』では、けがをした子供を抱きかか

えて必死に病院につれていく長まわしの印象的な場面がありました。ドラマ「家族」

の場合、子供がけがをしたと幼稚園から連絡があっても、主人公は仕事を優先して

いました。

[参考文献]

馬場美奈子(2002)「伝統的家族の崩壊から新しい家族像の再構築へ

 『クレイマー・クレイマー』(1979年)」、『日米映像文学にみる家族』日本優良図書出版会
[PR]
by aphorismes | 2006-10-21 21:52

友だちの友だちは友だち / Les amis de nos amis sont nos amis

スザンヌ・ヴェガの歌い方は、ルー・リードのそれに似ている、というのは昔の印象だったので

すが、最近、彼女がジョン・ケイルと一緒に仕事をしているのを発見。彼女はルー・リードとも

面識があるのでしょうか。知っている人がいたら教えてください。

Velvet Underground - John Cale - Venus in Furs (live, Later)

Hector Zazou -The Long Voyage ( Suzanne Vega, John Cale)


2007年(3月27日)
某動画共有サイトへのリンクを解除しました.
[PR]
by aphorismes | 2006-10-06 23:22 | [箴言] Aphorismes

測りえぬもの

すべてを調べることができる。沈黙は別として。
On peut tout sonder, sauf le silence d’un homme.(proverbe bulgare)

a0049033_2231192.jpg
[PR]
by aphorismes | 2006-10-06 22:34 | [諺]Proverbes/dictons

200年後の『精神現象学』

某ラジオ番組でヘーゲルがテーマになっているのに気がつきました(ヘーゲルとキリスト教、

ユダヤ教の関係についての議論が個人的には興味深かった)。そこで小耳に挟んだのです

が、2007年は、現在、『精神現象学』と呼ばれているヘーゲルのテクストが刊行されてから

200年目にあたるようです。古典の「〜周年」というのは定期的に訪れるわけですが、盛り上が

るかどうかはその時代の思潮に依存するのだと思います。 来年はどうなるのでしょうか。

参考
Spectres de Hegel

* * *

なお、ipodで番組を聴き、ひさしぶりに『精神現象学』を読むうちに(やはり難解)、三木のことを

思い出しました。留学帰りの三木清は、没後百年を記念して成立した国際ヘーゲル連盟の日

本支部責任者に就任、1931年3月に「ヘーゲル復興とその方向」を『中央公論』で発表して

います。タイトル通り、「ヘーゲル復興とその方向」をクリアに論じていました。


もっとも、ヘーゲル復興を論じてから約9か月後の12月には読売新聞紙上で三木は「キェル

ケゴールと現代」を発表。「ひとは好んでヘーゲル復興について語る。然しながら現實の精神

生活に交渉する深さに於いて、今日ヘーゲルは到底キェルケゴールに及ばないように

見える」と述べ、その関連からハイデガーに注目していました。


ところが、1932年の「不安の思想とその超克」では、新ヘーゲル主義の哲学を「無

気力」であるとする一方、ハイデガーやキェルケゴールを不安の哲学として括り、そ

れが自己の転化を企てるとき、「容易にファッシズムの哲學にもなり得る」として批判に転じ

ます。彼の言説を辿っていくと、短期間で強調点が推移していくように見えます。抜群のバラ

ンス感覚というより器用といった方がいいのか。あるいは三木流の弁証法的思考の帰結なの

かもしれませんが。
[PR]
by aphorismes | 2006-10-05 20:16

大きな樽を満たすには?

一滴ごとに、樽は満ちゆく。
“De goutte en goutte, on remplit le tonneau.”(proverbe catalan)
a0049033_19115328.jpg
[PR]
by aphorismes | 2006-10-01 19:14 | [諺]Proverbes/dictons