<   2006年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

回顧:改革の時代

なる程改革は、夫が改革であって保守でない限り、

即ち悪いところを改めることである限り、良い事に相違ない。

/だが問題は、どういう線に沿ったどういう方向へむかっての、改革であるかである。

……世間はどんな改悪でも之を「改正」と呼ぶ妙な弁証法的な習慣を持っている。

戸坂潤「改革熱の流行」(1936・5)



付記:戸坂の文章が発表された後の出来事

1937年7月7日 盧溝橋で日中両軍衝突(日中戦争)

1938年4月1日 国家総動員法公布(5月5日施行)
「第四条 政府ハ......帝国臣民ヲ徴用シテ総動員業務ニ従事セシムルコトヲ得......」

1941年3月1日 国民学校令公布(4月1日施行)

「第一条 国民学校ハ皇国ノ道ニ則リテ初等普通教育ヲ施シ......」
「第四条 2 国民科ハ之ヲ分チテ修身、国語、国史及地理ノ科目トス」

1941年8月23日 学徒勤労令(即日施行)
「第三条 学徒勤労ニ当リテハ勤労即教育タラシムル......」

11月22日 国民勤労報国協力令(12月1日施行) 

男子14〜40歳、未婚女子14〜25歳の勤労奉仕義務化
[PR]
by aphorismes | 2006-08-30 18:04 | [資料集] 社会société

できる時に望まない者は、望むときにはもう出来ない.(イタリアの諺)

Qui ne veut pas quand il peut ne peut plus quand il veut.(proverbe italien)

a0049033_0301495.jpg
[PR]
by aphorismes | 2006-08-24 23:29 | [諺]Proverbes/dictons

人は、前に進まないと後退してしまう。

Quand on n’avance pas, on recule.

a0049033_8263928.jpg
[PR]
by aphorismes | 2006-08-23 07:57

ゆっくり行く者は遠くまで行く。

Qui va doucement va loin.
参考文献:
調佳智雄/ジャンーマリ・ルールム共著『フランス語ことわざ用法辞典』大学書林、1995年


a0049033_1594684.jpg
[PR]
by aphorismes | 2006-08-19 19:00 | [諺]Proverbes/dictons

火遊びの心得(再)

消せない火をともしてはならない。
Il ne faut pas allumer un feu que l’on ne peut pas éteindre.
Le monde
[PR]
by aphorismes | 2006-08-15 18:40 | [箴言] Aphorismes

レバノン

たまたま見つけたサイトにショッキングな写真が。

私などには、事実を確認する手段もなく、

当初は、紹介するのをためらいました。

しかし、

大方の関心がテロ関連のものに移行しつつあるので、あえて引用。

現時点で、こうしたブログが存在しており、さまざまなコメントがよせられている

ことの紹介とお考え下さい。

am_pm's ramblings --- I AM LEBANON!

付記
理由は定かではありませんが、ブログが消えていました(8月16日)。
[PR]
by aphorismes | 2006-08-11 22:56 | [資料集] 社会société

切手 timbre-poste

ハンガリーの切手がきれいでした。
欧州切手三昧
[PR]
by aphorismes | 2006-08-07 18:04

Candideの庭についての補足

「地面も、もしも、わたくしが耕すならば、わたくしの地面になります。

事物とわたくしの関係は、あらかじめ与えられているわけではありません。

かたまっているわけではありません。

わたくしは、その関係を、一瞬一瞬に創造するのです。」

(ボーヴォワール [青柳瑞穂訳] )


付記
ボーヴォワールは、かつてCandideの言葉に疑問を喚起しました。

「わたくしの庭とは何なのでしょう」、と。

それによれば、「世界とわれわれとの関係は、初めから決定されているのではありません」。

「わたくしの庭」は本質としてあるわけではなく、一瞬一瞬に創造されていくというわけです。

「わたくしの庭」の「場所や限界を選ぶのはわたくしなのです」と彼女はいいます。

しかし、関係が変容するのは、

わたしたちの活動を制約する諸条件との絡みあいにおいてです。

また、急激な関係の変化は、何らかの軋轢を引き起こすかもしれません。

他者がその関係の変化ないし「創造」をどう評価するか、という問題もあるでしょうし。

a0049033_16165761.jpg
[PR]
by aphorismes | 2006-08-06 22:55 | [箴言] Aphorismes

いくつかの見解(Candideの庭)

「我らの庭を耕さねばならない。」
Il faut cultiver notre jardin.   Voltaire, Candide ou l’optimiste.

a0049033_1255866.jpg
  























「わたしは、自分の専門よりも広い領域の問題についてしゃべったり書いたりしているが、

それはわたしが、自分の狭い専門活動のなかではなしえない社会参加を、

純然たるアマチュアとしての立場でおこなおうとしているからである。」

(サイード[大橋洋一訳])


付記

どちらの見解も、それなりに説得力があります。

一方は、他方によって相対化された方がよいような気もします。

ところで、今週末は、父の見舞いのため、しばらく留守となりそう。
[PR]
by aphorismes | 2006-08-02 19:24 | [箴言] Aphorismes