<   2006年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

街角の言葉

若者は不安定さを拒む。(3月28日、パリ、学生のプラカード)
La Jeunesse refuse la précarité. (Paris)

メディアは欺く。(3月29日、マルセイユ、男性のTシャツの裏に書かれた言葉。この男性の写真がルモンド紙のサイトで公開されたのは、自信ゆえでしょうか。ともあれ、CPE問題にかんするメディア批判の存在がうかがえます)
Les médias mentent. (Marseille)

参考
ルモンド

付記(4月3日)
ルモンド紙が読者からの批判を記した記事を載せていました。
[PR]
by aphorismes | 2006-03-31 19:22 | [資料集] 社会société

26歳という境界

26歳以下の若者を雇えば、2年間は理由を告げることなく解雇できるという初採用契約(CPE)に対して、労働法の専門家(ナンテール)がラジオでこんなことを語っていました。

「26歳以下の者とそれ以外の間に大きな差があることは正当なのでしょうか。正当化されざる平等性の破棄があると判断できるのです。」

« Est-ce que c’est justifié de faire une différence entre des moins 26 ans et les autres ? Il peut estimer qu’il y a ce qu’on appelle la rupture de l’ égalité non justifié. »(France inter Le journal de 9h00 du 30/03/06)


付記 (4月1日)
シラクの修正案
3月31日(金)、シラク大統領はテレビ放送された演説の中で初採用契約(CPE)に関する法律の公布を表明。同時に、修正案を提示しました。後者によると、第一に、二年の(試用)期間は一年に短縮される。第二に、雇用契約が破綻した場合、若年労働者がその理由を知る権利が新しい法律に盛り込まれる。第三に、修正案がもりこまれるまで、契約へのいかなる署名もなされないよう監視することを政府に求める。

形骸化した民主主義 La démocratie sans vie
公布という決断の理由の一つとして、国民の代表がいる国民議会での投票や憲法評議会でCPEが認められたことをシラクは語っています。民主主義は尊重されねばならないと。しかし、周知のように、3月に発表されたアンケートでは、68%のフランス人がこの法律の撤回を支持しており、反CPEのデモには100から300万人が参加。これを考慮すれば、民主主義を尊重するという名目でなされた今回の決断は、実質的には大部分の民意を代表していない。いわば民主主義の形骸化ないし限界を示すように思えます。

今後は、学生や労組の反応(4月4日にゼネストが予定されている)が気になります(詳細は不明ですが、3月31日、 CPE反対の高校生によってバスティーユ広場が占拠されたようです)。


付記(4月2日)
3月31日(金)にテレビ放送されたシラク大統領の演説に対して、62%のフランス人が納得していないそうです。
[PR]
by aphorismes | 2006-03-30 21:13 | [資料集] 社会société

招かれざる者

反CPE運動が社会現象として拡大するにつれ、それに便乗する破壊行為者がデモに紛れ込んでいるようです。暴力や窃盗などが許されないのに加え、反CPE運動やそのイメージにも破壊的な効果をもつという意味では、極めて残念に思います。リベラシオン紙参照.

付記(2007年5月23日)
冒頭の文で大意が伝わるため,引用文をとりました.
[PR]
by aphorismes | 2006-03-27 12:55 | [資料集] 社会société

人というもの

「人間は、ルソーの良き野蛮人でもなければ、教会やロシュフコーへの背徳者でもない。人は、抑圧された時には暴力的であり、自由な時には穏やかである。」

L'homme n'est ni le bon sauvage de Rousseau, ni le pervers de l'église et de La Rochefoucauld. Il est violent quand on l'opprime, il est doux quand il est libre.

参考
Des slogans de Mai 68
[PR]
by aphorismes | 2006-03-25 20:25 | [箴言] Aphorismes

理由なき解雇ーCPEについてー

理由を告げられない解雇
二年間の試用期間であれば理由を示すことなく、解雇できるとする「初(回)採用契約」(CPE : contrat premier embauche)。これは、3月初め*、フランスの国民議会と上院で可決された機会均等法 "Loi sur l'egalite de chances"に含まれていたものです(OVNIには日本語による簡潔な定義があります)。

*1月16日ドビルパン首相がCPEについて告知した直後から、学生組織や高校生の団体、既存の政党が批判を開始した経緯が下記のサイトでまとめられています。

ルモンドの年表

反対運動の広がり
政府側は、若者の失業対策の一環だと説明していますが、二年の間、不安のなかで働かされることになる若者は猛反発。ソルボンヌ大学のバリケード封鎖などは、日本のテレビニュースでも報道されていましたが、これらのバリケード封鎖はフランス各地の大学にも広がっています(3月10日頃、グルノーブルに住む知人のブログを見て講義が休講になっていることを知りました)。
 以前、オンライン版ルモンド紙のサイト上にあるフォーラムでは、68年5月革命を想いだすという書き込みがありました。「初回採用契約」の反対者は、高校生や親の世代、労働組合員などにも広がっているようです。


メディアの報道
 ルモンドなどのフランスのマスメディアを見ていると、各地の大学で行なわれるバリケード封鎖ないし、デモに関する話題が頻繁に取り上げられています(たとえば、3月23日の反CPEデモの参加者数はルモンド紙の報道では、警察によれば22万人、運動組織によれば45万人の規模でであったそうです)。もちろん、現状の報道も重要ですが、なぜ、「初採用契約CPE」が導入されるにいたったのか、他に選択肢はないのか、といった本質的な問題について解説した記事がなかなか見つかりません。読む側の問題もあると思いますが、全体として、デモなど、運動の後追いの記事が目立つという印象を持っています。ドビルパン首相と反CPE陣営との対話は物別れに終わったようですが、今後、どのように事態が推移するのでしょうか。

68年5月と2006年3月
 フランスの社会学者(François Dubet*)はインタビューの中で、2006年3月の反CPEの運動について、政治秩序にとっての危機をもたらしている点では、1968年5月革命と比較しうると述べています。他方、かつての学生運動は既存の社会や大学を批判し、新たな生き方を模索したのに対し、反CPEの運動は社会の中に場所を見出そうとしている。68年の若者は比較的恵まれており、未来への信頼があったが、現代の若者はそうした立場にはいない、という相違もある。全体として、運動の内実は、68年5月革命とは比較の対象にならない、との意見が印象的でした。

* Lutte étudiante (sous la dir. d'Alain Touraine, avec Z. Hegedus, M. Wieviorka), Ed. du Seuil, 1978.

日本の諸問題(Les problmès du Japon)
1968年と2006年との間を考えるという時間的な差もあるわけですが、フランスと日本という地理的な差も当然あります。フランスにおけるCPEの問題が当事者の解決すべき問題であることは言うまでもなく、私たちにとっての問題は、やはり、格差やニートなどといった言葉が流通する日本の諸問題を再考する、ということになるのだろうと思います(すぐに答えが見つかるものではないですが…)。今後、ニートについての議論を扱う予定です。
[PR]
by aphorismes | 2006-03-25 19:36 | [資料集] 社会société

街頭のメディア

「5月における真に革命的な媒体は、壁とそこに書かれた言葉、シルクスクリーンないし手書きのポスター、そこで言葉が解釈され交換される街路であった。」

“Le vrai medium révolutionnaire en Mai, ce sont les murs et leur parole, les sérigraphies ou les affiches à la main, la rue où la parole se prend et s’échange”

Jean Baudrillard, Pour une critique de l’économie politique du signe, Gallimard, 1972.

参考:
現代フランスにおけるCPE反対のデモ6番目の写真にはこんなプラカードないし横断幕をもっている人が写っていました。「ドビルパン、お前の試用期間は終わった」
反CPEのブログ
*1968年5月革命の際もマスメディアの影響はあったのでしょうが、反CPEの動きにおけるブログの役割は、従来、なかった問題だと思います。
**とくに、1頁目、最初の記事のコメント数は膨大 。
   日本時間の3月27日13時19分現在、2838のコメントがありました。
   日本時間の3月30日14時57分現在、3954のコメントがありました。
    3日間で1116のコメントがなされたことになります。
*** 日本時間の5月8日1時42分現在、5915 のコメントがありました。
[PR]
by aphorismes | 2006-03-24 18:21 | [箴言] Aphorismes

禁止について

「禁ずることは禁じられている。」Il est interdit d'interdire (Rue Saint-Jacques et/ou Nanterre, amphi musique)

[Des slogans de Mai 68]
[PR]
by aphorismes | 2006-03-20 19:17 | [箴言] Aphorismes

自由について 

自由は私たちが所有してきた財産ではない。それは、法律や規則、偏見、無知によって、獲得が妨げられたものである(68年5月革命時のスローガンの一つ。パリ大学[ナンテール])。
La liberté n'est pas un bien que nous possédions. Elle est un bien que l'on nous a empêché d'acquérir à l'aide des lois, des règlements, des préjugés, ignorance... (Nanterre)

[Des slogans de Mai 68]

*一部訳語を変えました。(3月21日)
[PR]
by aphorismes | 2006-03-20 18:30 | [箴言] Aphorismes

1968年、希望

我々の希望が到来しうるのは、希望のなさからだけである。
a0049033_18185823.jpg

Notre espoir ne peut venir que des sans-espoir (Hall Sc. Po.)


[Des slogans de Mai 68*]
*68年5月革命のスローガンを集めたサイト。ベルギーに住む人物によるものであり、収集されたスローガンは本からの引用のようですが、膨大な量があります。今後も、幾つかのスローガンを紹介する予定。
[PR]
by aphorismes | 2006-03-20 18:25 | [箴言] Aphorismes

街路の下に広がる海

石畳の下、それは海岸。(68年5月革命時のスローガンの一つ)
a0049033_16524225.jpg
Dessous les pavés, c'est la plage !
[Les slogans de mai 68 : entre gauchisme et surréalisme]
http://membres.lycos.fr/mai68/
[PR]
by aphorismes | 2006-03-12 17:01 | [箴言] Aphorismes