日々の断想 Il faut laisser quelque chose au hasard.

元のサイトで完全版を読む
空はうっすらと紅く染まっていました。小さな太陽が強烈な光を放ちながら徐々にその姿を現します。その遙 か上方には、飛行機が描き出すくっきりとした雲の直線が浮かんでいました。背景は、淡い水色で、私は、い つになく爽やかな気分でした。前方に、すたすたと歩く人を見かけました。運動のためでしょうか。その後、 私は、草むらで二匹の猫をみつけました。体を寄せ合って眠っていました。寒い夜を過ごす工夫だったのか もしれません。
もっと見る