ないものの音


風の音より、木の音の方がよく聞こえる、と、そんなことを考えて戻ったわたくしは、部屋の中にピューピュー

という風の音が響いているのに気がつきました。屋内と屋外とでは、聞こえる音が違うのでした。翌日の夜、

そんなことを感じた窓の近くにやってくると、遠くから、電車の音や車の音が聞こえてきました。近くにあるも

のは寡黙のままで、そこにはないものの音の方が、部屋に響きわたっていました。
[PR]
by aphorismes | 2009-05-29 00:15
<< 呼吸する夜 いつもと違う日 >>