いつもと違う日


以前、暗い夜道を歩いていると、かすかに虫の鳴き声が聴こえてきて、はやくも夏のことを考えたことがあり

ました。場合によっては、そんな虫の声を遮るように、雨が降り、風が吹く日もあるでしょう。こんな夜に聴こ

えてくるのは木の声です。ざわざわ。ざわざわ。と、いつもとは全く違う表情の木が現れます。ときに風の声も

聴こえてくるのですが、風に吹かれて傾ぐ木の声や姿の方が印象的であるような気がします。
[PR]
by aphorismes | 2009-05-28 00:01
<< ないものの音 溶解人間 >>