溶解人間


ずっと昔に、奇妙な写真をみたことがありました。ある人物の体には色が塗られています。彼の体は、たし

か、背後にある木と同じ茶色に塗られていました。その人物は、風景に溶け込むことによって、むしろ風景か

ら浮き出ていました。そのような彩色を施すには、きわめて意図的で、周到な作業が必要であったことでしょ

う。しかし、写真を見る人にとって、その写真は、自分の体を無化してしまい、風景そのものになるという、そ

んな奇妙な衝動を、喚起するものでした。人工的な技術を契機として、自然に溶融したいという感情が喚起

される。では、そのような体験は、文章では可能でしょうか。書き手の意識が、あるいは、読み手の意識が消

えてしまう、そんな奇妙な文章は。
[PR]
by aphorismes | 2009-05-26 20:50
<< いつもと違う日 朝 >>