空間と時間


数年前に古い土壁のある道を通った時、小学生の頃も土の壁を眺めてその道を歩いたことを思い出しまし

た。その土壁は、昔の記憶を引き出してくれたのです。そこは、大通りではなく、とても細い道なので、そん

な記憶を持つとしても、それは地域住民に限られるのかもしれません。しかし、これが大都市にある駅であ

れば、付近に住む人のみならず、遠い場所から久しぶりにやってきた人々が、各人の記憶をよみがえらせる

可能性はあります。空間が過去を思い出す手がかりとなる。では、情報の空間はどうなのでしょう。興味を持

つ人であれば、遠隔地でも閲覧できるわけですが、そこには現実の建築物はなく、文字による「記録」が、ま

た写真や動画などが並んでいるのです。
[PR]
by aphorismes | 2009-04-23 21:24
<< 林檎と地図をめぐって 4月の風景 >>