電話


長電話が好きな人とそうではない人。人によって電話に関する好みは違うのかもしれません。しかし、人に

よって違うと言っても、電話での話し方は固定的なものではないように思います。相手によって、状況によっ

て、雑談中心になったり、用件中心になったりと、電話での話し方は変わるような気がします。ここまでは、電

話をかける側の視点を中心に書いたつもりなのですが、実際の電話を考えるには、電話に出る人の視点を

考えるべきでしょう。そうして、一致やすれ違いが生じるのだと思います。たとえば、誰かに電話をかけて用

件だけを伝えて電話を切った場合、あとになって他に話すことがあったのではないか、と考えることがありま

す。一方は、用件で頭がいっぱいになっているのですが、相手が求めているのは用件を伝えてもらうことでは

なく、もっと深みのある会話であるのかもしれません。あるいはそれは、電話をかけた側の想像にすぎない

のかもしれません。いずれにしても、電話を切ったあとに訪れる静かな瞬間に、そんなすれ違いのことを考え

ることがあります。
[PR]
by aphorismes | 2009-03-18 19:57
<< いにしえの現代人 料理の形式 >>