料理の形式

しばらく前のことですが、比較的安価なバイキング形式の和食レストランに行ってみました。色々なものを食

べられるのなら、と店に入ってみたのですが、結局のところ、お皿にいろんなものを盛りすぎて、何を食べて

いるのかはっきりしなくったことがあります。いっそのこと、料理が限定されている方がいいのでは、と思ったこ

とがありました。実際に食べにいく機会はあまりないのですが、コース料理の場合、一定の順序があって、運

ばれてくる料理が決まっています。ある文章の特定の単語を入れ替えれば別の文章になるように、スープを

かえたり、メインディッシュをかえたりすると、別のコース料理になることはいうまでもありません。さて、コース

料理の場合、それぞれの皿は、時間をずらして供されるわけですが、お弁当の場合は、当初から、すべての

品が弁当箱の上に盛られており、コース料理と同様、供される品は定まっているのです。バイキングの場合、

お弁当と同様に、すべての品が会場に置かれているのですが、どの料理を食べるかは、客の選択次第で変

化します。こういうわけで、コース料理やバイキング、弁当箱といったものは、それぞれ違う形式ではないかと

思うのです。ただ、バイキング形式にしたところで、時間をずらして、新しい料理の大皿が出されることもあり

ますし、会場に置かれている多くの品を味見してみる人にとっては、料理の品がほぼ定っているようなもので

あり、そうした意味では、こうした区別は実際には成り立たないのかもしれません。
[PR]
by aphorismes | 2009-03-17 23:35
<< 電話 言葉と作品 >>