広場


友人と待ち合わせたのは、その街で最もにぎわっている広場の近くだったと思います。その広場付近のカフェ

に行こうと私は提案したものの、もっといい場所があると友人に却下されたのでした。


その広場の周囲にはカフェやレストランが立ち並び、大抵、にぎわっていたと思います。また、美味しい料理

を出すお店がありました。そんなこともあり、私などは、肯定的な印象をもっていたのですが、その街に住む

友人は違った見方をしていたようでした。


友人は、その広場から離れたカフェに私をつれていってくれました。この一連の出来事から、私は、あの広場

が平凡な場所であると友人に言われたような気持ちになり、また、その広場の近くで食事をした時の思い出

まで滑稽なものに思えてくるのでした。
[PR]
by aphorismes | 2009-03-13 23:35
<< 言葉と作品 靴が鳴る時 >>