縦と横


もう長い間、見ていないのですが、家の一本の柱には、色々と落書きがしてありました。鉛筆などで線が沢山

ひかれているのです。年齢や月日等は書いていないものの、子供時代の身長の推移の一部は、この柱に記

録されているのです。しかし、縦方向に体が伸びていく時代はとっくの昔に終わりました。最近、意識している

ことは、横方向に体が拡大しているということです。もちろん、横方向の体の変化を柱に書き込むことはできま

せん。ただし、昔のベルトを体にあわせてみた時などに、変化が実感される時があります。縦の時代から横

の時代へ。柱の線によって身長の推移を知ることは、やはり嬉しいことですが、ベルトによって体の変化を知

らされるのは嬉しいことではありません。そんなことを考えているうちに、散歩に行きたくなってきました。
[PR]
by aphorismes | 2009-03-10 22:41
<< 無音と静けさ な い 。 >>