窓口の前と後


切手をいつも揃えておいて重さを量って投函する、というのが理想であるわけですが、急ぎの

郵便物がある時は、大抵、郵便局が閉まった後、ゆうゆう窓口にいくことになります。遅くまで開

いているので大助かりなのですが、窓口には、人が並んでいます。窓口で御願いをする時も、

微妙に気が急くことが多く、並び直すこともありました。それにも増して気になるのは、窓口で

対応してくれる方のこと。少人数で様々な仕事に対応するため、いつも大忙しといった様子で

す。申し訳ないと思いつつ、それでもやはり依頼をすることになります。そんなわけで、窓口に

立って依頼をする時は、後方で並ぶ人、前方で慌ただしく動き回る方の双方を意識するよう

な気がします。窓口で細かな依頼をするのが普通の国は別として、窓口ではその前後が気

になります。


付記

一部、修正しました。
[PR]
by aphorismes | 2009-02-10 18:16
<< 革靴 切替えの作法 >>