郷土料理


いわゆる郷土料理の店には、誰が食べにくるのでしょうか。もちろん、地元でポピュラーな名物

料理もあるでしょう。ただ、それなりの郷土料理店の場合、地元の人がやってくるのは特別の

機会に限られ、訪れる客の多くは観光客ではないだろうかと想像してしまいます。ただし、郷

土料理店がその郷土にあるのか、遠隔地にあるのか、という問題は忘れるべきではないでしょ

う。後者の場合、旅行をせずとも、遠く離れた場所の郷土料理を手軽に楽しむことができま

す。その郷土料理の店に、同じ郷土の出身者がやってくることもあるでしょう。そのような時、

昔は、特に意識しなかった郷土料理が、懐かしく思われるかもしれません。海外で日本の料

理が食べたくなる、そんなことと似た現象であるのでしょうか。しかし、遠隔地で自分の生ま

れた「国」の料理を好きになることと、遠隔地で「郷土」の料理を好きになることの間の落差に

ついてはよく意識しておきたいような気がするのです。
[PR]
by aphorismes | 2009-01-30 21:47
<< チョコレート 夢の椅子 >>