逡巡の果てに


知人によばれ、ライブハウスで音楽を聴いた後、演奏していた方のCDを買おうと考えました。

しかし、二つの作品のうちどれを選べば良いのかわかりませんでした。


二枚のCDを眺めながら、昔の記憶がよみがえります。ファースト・アルバムはじっくり時間をか

けて作るけれども、セカンドアルバムの場合はそうではない場合が多い。昔、そんなことを聞い

たことがあったのです。


しかし、他方では、昔の作品を賞賛されても新しいものを創造する励みにはならない、そんな

内容の文章をどこかで読んだことを思い出しました。


結局のところ、私が購入したのは、新しい方のCDでした。その結果、私は、好みに合致する音

楽を聴くことができました。探しても、すぐには見つからないような音楽でした。
[PR]
by aphorismes | 2009-01-21 22:11
<< クールなバスタイム 夜の音 >>