体の節々が痛いことが重なって、いつかは病院に行った方がよいのだろうと考えていたのです

が、どんな病院に行けばいいのか、さらにはどの病院がいいのかが分からなかったので、これ

はやはり暇な時期の課題だろうと思い、とりあえず、肩の痛みを指圧でほぐしてもらおうと思っ

て出かけたのですが、整形外科と書かれた看板を偶然みつけ、思わず入ってみたのでした。

受付で話をしてみると、整形外科の医師は来ていないとのことで、近くの整形外科医を紹介

していただきました。そこではレントゲンをとったものの、重大な問題は見つからず、結局、腰

痛体操について書かれた紙をもらいました。実は、その後、他の病院で漢方薬を出してもらっ

たのですが、移動する途中、いつもは気がつかなかった医療系の建物が、浮き出るように、

次々と目に飛び込んできました。図柄とその背景が逆転したかのようでした。良く知っているつ

もりの道でしたが、全く知らなかったことに気がつかされたというわけです。
[PR]
by aphorismes | 2009-01-16 22:23
<< 山の風景 寒さ、この不確かなもの >>