冬の仕事、仕事の冬


連休中にできることをしてしまおうと思っていたにもかかわらず、調子はあまりよくありませんで

した。腰や背中がしくしく痛み、軽微ではありますが、胸が苦しくなったのでした。そんなわけ

で、ばりばり仕事をするというわけにはいかず、ただ横になっている時間が長かったような気が

します。当初は、なぜ、そんな状態になっているのか、よく考えませんでした。正月の数日間

で慣れてしまった石油ストーヴがないために、寒さをより敏感に感じているのだろうか、あるい

は、まだ正月気分を引きずっているのだろうか、とそんなことを考えていました。その後、寒さ

が体の痛みを引き起こしたために、仕事の意欲がわかないのではないかという考えが形を取

り始めました。バスを待つ間に立ち寄ったショッピング・モールでそんなことがふと思い出され、

足全体を包み込むスリッパや暖色系のブランケット、とても小さな湯たんぽ等を買うことになり

ました。仕事術の本にはおそらくはのっていない、いわば「あたりまえのこと」にすぎないわけで

すが、冬の寒さや過度の暖房を避けながら、集中的に仕事をするにはどんな工夫が必要なの

か、そんなことが気になります。
[PR]
by aphorismes | 2009-01-12 15:10
<< イメージと音楽 冬の散歩道、陽光に照らされて >>