昨年以後


10年ごとに一括りにできるような傾向があるとすれば、これからの10年はどのようになるのだ

ろう。そんなことを昨年、考えたことを思い出しました。やはり、その10年が過ぎ去った後の方

が重要な流れを判断しやすいような気もするのですが、同時代にしかわからないような感覚

もあるのでしょうし、また、その10年が始まる頃に、およその傾向が既に予測されていたという

ことも考えられるかもしれません。ところで、もし誰かが10年史のようなものを書くとすれば、

昨年以後の不況について、前半部分でそれなりの記述が与えられるのではないかという気が

します。ひょっとすると、その10年史では、全てが暗い記述になるわけではないかもしれませ

ん。しかし、その終章はどのような出来事で閉じられることになるのだろうかと、不安な気持ち

を抱きつつ、まだ書かれてもいない本の結末について夢想することもあるのです。
[PR]
by aphorismes | 2009-01-08 23:18
<< 冬の散歩道、陽光に照らされて 懐かしい声 >>