地層


大昔のこと、山の方に歩いていくと、地層が剥き出しになっている場所がありました。横を見れ

ば、同じ色をした土が層をなして広がり、縦を見れば、土は、異なる色合いへと変わってい

く、そんな風だったと思います。記録する者もいないというのに、地質の変化が自然のうちに刻

まれていき、その痕跡は、遥かな時をこえ、昔の様子を現代に伝えます。もちろん、今更、驚く

ようなことではありません。しかし、それでもやはり、褶曲した地質が露出している場所で、多

様な色の地層を見た時などは、きっと何かを感じるような気がします。多くのことが変わりつつ

あるこの一年。将来、誰かが2008年を回顧した時、人はそこに何を見るのでしょうか。
[PR]
by aphorismes | 2008-12-19 22:08
<< 「読書」と「読むこと」 日記の書き方 >>