Candideの庭についての補足

「地面も、もしも、わたくしが耕すならば、わたくしの地面になります。

事物とわたくしの関係は、あらかじめ与えられているわけではありません。

かたまっているわけではありません。

わたくしは、その関係を、一瞬一瞬に創造するのです。」

(ボーヴォワール [青柳瑞穂訳] )


付記
ボーヴォワールは、かつてCandideの言葉に疑問を喚起しました。

「わたくしの庭とは何なのでしょう」、と。

それによれば、「世界とわれわれとの関係は、初めから決定されているのではありません」。

「わたくしの庭」は本質としてあるわけではなく、一瞬一瞬に創造されていくというわけです。

「わたくしの庭」の「場所や限界を選ぶのはわたくしなのです」と彼女はいいます。

しかし、関係が変容するのは、

わたしたちの活動を制約する諸条件との絡みあいにおいてです。

また、急激な関係の変化は、何らかの軋轢を引き起こすかもしれません。

他者がその関係の変化ないし「創造」をどう評価するか、という問題もあるでしょうし。

a0049033_16165761.jpg
[PR]
by aphorismes | 2006-08-06 22:55 | [箴言] Aphorismes
<< 切手 timbre-poste いくつかの見解(Candideの庭) >>