化粧論

見かけは時として真実よりも良い。というのは、見かけから生じる満足は真の満足であるから

である。化粧をそれと知っていれば、それはもはやごまかしではない。

(カント「『美と崇高の感情にかんする観察』への覚え書き」、『カント全集18』岩波書店)

付記
自著への書き込みとはいえ、一般的なカントのイメージとの落差に興味をもちました。
[PR]
by aphorismes | 2006-06-14 18:34 | [箴言] Aphorismes
<< ゲームの規則 人生にかんする凡庸な警句 >>