音/イメージ/言語

「音とイメージが、イメージと音が自動機械のような精密さでうまくかみあい、

その結果<意味>などというつまらぬものが入りこむ隙間が残されていないときにのみ、

言語は言語そのものであるように思われた。イメージと言語が優先する。」

ベンヤミン「シュルレアリスム」(久保哲司訳) 



付記(2007年5月20日)

二種類あった引用文のうち、イメージと言語に関するものを残し、他方は削りました。

また、それに伴い、タイトルを変更。
[PR]
by aphorismes | 2006-06-06 03:41 | [箴言] Aphorismes
<< グラフ・アルザス美食紀行  新旧の弁証法 >>