書物のなかの痕跡  

「書物は大きな墓地である。そこでは、大半の墓の上にある消えた名前をもはや読むことはできない。」(プルースト)
a0049033_139188.jpg
Un livre est un grand cimetière où sur la plupart des tombes on ne peut plus lire les noms effacés. (Marcel PROUST 1871-1922)
[PR]
by aphorismes | 2006-04-01 13:19 | [箴言] Aphorismes
<< 実践と反転 街角の言葉 >>