回帰の時  Le temps d'un retour

戦後60年の夏、『ル・モンド2』の表紙を飾ったのは長崎の被爆者だった。同誌の特集「長崎 

生存者たち」では、上半身裸になったTaniguchiさんの写真をはじめ、合計3名の被爆者の

方々の写真が掲載された。また、長崎大学の原爆後遺障害医療研究施設に所蔵された膨大

な標本の写真もあった。


[写真:『ル・モンド』紙の日曜版付録、雑誌『ル・モンド2』第81号2005年9月(3〜9日)]

*写真を撮ったのは、「パブリックな視線(L’oeil public)」集団の創設メンバーの一人でチェ

ルノブイリやアウシュヴィッツに関する仕事をしたGuillaume Herbaut氏。「浦上」シリーズは、

Perpignan 国際フォトジャーナリズム・フェスティヴァル「イメージへのビザ(Visa pour

l’image)」で紹介された(期間:8月27日〜9月11日。参考:http://

www.visapourlimage.com)。


付記(2007年5月26日)

写真を削除いたしました。ブログへの掲載について、被爆者の谷口氏、写真家のHerbaut

氏、雑誌『ル・モンド2』の許諾を得ていなかったためです。大変、失礼いたしました。
[PR]
by aphorismes | 2005-10-30 19:28 | [資料集] 記憶 mémoires
<< 書かれざる証言 ある困難さについて >>